こんなにある!ドローンの魅力について

こんにちは。ドローンスクールジャパン大阪市北校です。

今回は「ドローンの魅力」について、実際にドローンで撮影した写真や動画を紹介しながら、説明しようと思います。

DJI 0084.DNG  - こんなにある!ドローンの魅力について

※これは、スクールのドローン専用屋内飛行場での練習風景です。国交省の飛行許可申請に必要な、八の字飛行の練習中ですね。

ドローンの魅力について

・三脚よりも高い場所から風景写真が撮れる
・ドローンならではの動画を撮れる
・自分自身も入った写真を撮れる(自撮り)
・人命救助
・建物点検や測量、不動産、土木、観光、映像の業界などでも活躍

一味違うドローンでの撮影

風景写真は定番!思い出づくりやSNSへの投稿など、いろんな場面の写真をとっておきたいですよね。

ご存知の通り、普通にデジカメやコンデジでもきれいな写真って撮れますよね。しかも、iPhoneやアンドロイドなどスマートフォンですらかなりきれいな写真がとれます。

けれども、ドローンの魅力は「上空から撮れること」です。私達が旅行先で取るときなど、とても詳しい方は三脚を使ったりしますよね。また、自撮り棒なども使えます。でも、ドローンは、何十メートルという高さから写真を取ることができます!

なので、普通の目線とは違い、まるで鳥のような気分になって写真を取ることができます。そのため、一味違った写真になり、思い出に残ることは間違いないです!

b65cc7e421d98d0eb082411337f87ea5 - こんなにある!ドローンの魅力について

単純にかっこいいですよね。
まるで映画のワンシーンみたいな写真や動画もすぐに取ることができます。まさに、「ドローンの魅力」といえますね。

また、スクールだけではなくドローンでの空撮も行っております。
きれいな上空からの写真をプロにお任せしたい方はこちらをご覧ください。

ドローンで撮影した動画

 

これはノーズインサークルというスキルで撮影した動画です。ノーズインサークルというのは、撮りたい被写体の周りをぐるりと回ります。ドローンならではの魅力がつまった動画ですね!

ただ、高度な技術が必要になりますので、練習は結構大変なケースが多いです。ノーズインサークルをするための基本的なスキルを身につけるためには、ぜひ「大阪のドローンスクール」に通ってくださいね。

ドローンで自撮り♪

みなさん旅行に行ったら思い出づくりのために写真を取っていると思います。もちろん風景写真を撮ることも楽しいですけど、そのときの自分の服装とか表情を写真に残したいと思いませんか?

例えば、個人的に思っていることなんですが…。友人と2人で一緒にどこかへ旅行すると、風景写真と自分の全身を撮るとなるといつも “一人+風景” だけの写真か”風景の入らないドアップのツーショット写真” になってしまうことが多くありませんか?

自撮り棒を使ったとしても、正直なところ限界がありますよね。

通行人の人に頼んで撮ることもありますが、内気で声をかけるのにためらってしまったり、人が通るのを待ったりする余裕がないときも…。

実際に運良く写真を取ってもらっても、カットが微妙だったりすることも笑 しかし、せっかくお願いしているからという気持ちがあるので、「撮りなおしてください!」って言いづらい空気がながれることもよくあります汗

できることなら、内々で満足できるポーズを写真に残したいですよね。

そこで大活躍するのが「トイドローン!」
操作さえうまくなれば、自撮り写真も撮れちゃいます!簡単に持ち運びできるトイドローンなら、旅行先でもすぐに素敵な写真が撮れます。

ミニドローンの紹介ページはこちら

まさにドローンの魅力が詰まっていますね。

DJI 0127 - こんなにある!ドローンの魅力について

デジカメも自撮り棒もいいですが、せっかくならドローンで写真を撮りませんか?Facebookやインスタ映えする写真でたくさんのイイネをねらいましょう♪

ドローンで人命救助?

オーストラリアの海岸でドローンが人命救助の役に立った話はご存知ですか?この水難事故では、海岸で少年2人が波にさらわれて沖に流されてしまいました。しかし、その日ドローンの救難訓練中だったパイロットが、実際の救助を手伝ったというニュースです。

水難事故の話を聞いたパイロットが、沖に流された2人の元へただちにドローンを向かわせ、上空から救命具を投下しました。そして、海の上で浮具を膨らませ、流された二人がそれを掴んで、自力で岸まで戻って来ることができました。これで、少年二人の命が助かったというニュースですね。

ちなみにオーストラリアでは、ドローンを使った水難救助に活用する試みが進められており、各地の海岸で数十機の実用テストが行われているそうです。

これも、シンプルな空撮とは違った、社会貢献にも使われているドローンの魅力といえますね。

点検作業にドローン!?

ショッピングモールやビルなど、大きな建物の建てていく過程をドローンで撮影したり、高層ビルの壁面を撮影し、異常がないかチェックなど様々な形で点検が行えます。建築予定の建物工事が、予定通りきちんと進んでいるかどうかの確認のためにも重宝します。
6aab51167f17ae09a1d1f14c5db4ebe7 e1517974581544 - こんなにある!ドローンの魅力について

また、カメラを赤外線カメラにすることによって、目では見えない点検などにもドローンを活用することができます。
例えば太陽光パネルやコンクリート壁表面のタイルの浮きの点検です。ドローン屋根点検について
点検以外にも赤外線カメラを使用して、行方不明者の捜索にも活用できます。
私たちが思っているよりも、ドローンには沢山の魅力が盛りだくさんですね!

日本でもどんどん広がるドローン

日本でも全国各地、救助訓練にドローンを活用しているケースなど、日経新聞などのニュースでも取り上げられていますね。

不動産会社や土木、測量などの点検に取り入れようと試みているところも増えてきているようです。国土交通省が生産性アップのために、アイコンストラクションを推進しているので、ますますドローンが活用されています。

危険な場所での作業をドローンが代わりに行ってくれるのは良いことですよね。万が一の事があっても、人身事故などが減りますから、とても魅力的だと思います。これからもっとドローンが活躍していってほしいですね。

優秀なドローンパイロットの方に活躍していただくために、これからもドローンスクール の運営を頑張っていこうと思います♪

ドローンで損する前に・・・

logo white - こんなにある!ドローンの魅力について

国土交通省認定スクールによる<無料>ドローン活用講座を受けてみませんか?
ドローンスクールジャパン大阪市北校では、ドローンを全く触ったことのない初心者でも簡単に業界のことをつかめる無料講座を毎日開催しています。

そしてドローンの歴史や業界の情報もバッチリつかめるのはもちろん、最短で飛行許可を取得して仕事に活かす方法など内容は盛り沢山です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA