ドローンには免許がいらないって本当?

ドローンの免許は必要ない?

ドローンの免許は必要ないのでしょうか。そもそもドローンとは何で、免許とはどういうことなのかについて詳しく紹介しています。ぜひ見てみてくださいね。

 

DSC0238 - ドローンには免許がいらないって本当?

ドローンの情報を調べる前に…

我流でいろいろと情報を調べる前に、ドローン業界のプロから正しい情報を教えてもらいませんか?仕事にも役立つ情報もあれば、趣味で楽しむための情報など世の中にはたくさんの資格が溢れています。せっかくなので正確な情報を集めて賢い判断をしましょう

 

ドローンの免許がなくても飛ばしていいの?

ドローンの免許がなくても飛ばしてもいいのでしょうか。結論から言うと、免許は無くてもドローンは飛ばせます。というのも、現時点でドローン操縦に関する免許や国家資格は存在しないのです。

 

ドローン業界が新しいことから、ドローンに関する正確な情報が発信されていないケースがよくあります。よくある誤解の中に「ドローンの免許」という話題がありますね。当スクールでは、ドローン業界に関する無料説明会も行っていますよ。国交省登録のスクールならではの、正確で新しい情報をお届けしますので、ぜひドローン業界のプロによる無料カウンセリングを受けてみてくださいね。

 

ドローンの免許の前に、ドローンとはなにか?

ドローンの免許について語る前に、まずドローンとは何かについて説明しようと思います。一般的にドローンと呼ばれているものは、「小型無人航空機」を指します。その中にヘリコプターとマルチコプターがあります。実はマルチコプターのニックネームがドローンなのです。マルチコプターにはプロペラが4つのものや6つ、8つのものもあります。

 

なお重量が200g以上のものは小型無人航空機となり航空法の対象となります。一方で、200g未満の場合は模型航空機という扱いになるため、航空法の対象外となる模型航空機という扱いになります。

 

つまり、我々がドローンと呼んでいるものは、「小型無人航空機でプロペラが4つのマルチコプター」を指しているのです。そして、トイドローンとは、200g未満の重さの模型航空機を指します。

 

IMG 8151 - ドローンには免許がいらないって本当?

 

ドローンの免許とは何を指しているのか?

ドローンの免許とは、何を指しているのでしょうか。ドローンは先ほど伝えたとおり小型無人航空機のマルチコプターです。次に「免許」とは、「一般的に禁止・制限されている行為を、国の行政機関が特定の人に対して許すこと又は権利を定めて地位をあたえること」と定義されています。

 

なお、「特定の人」というのは「個人」と「法人」に分けられます。つまり私たち個人と、あとは会社との違いですね。個人向けに与えられるのは、普通自動車の運転免許などですね。法人向けの免許(事業免許)といえば、お酒や不動産販売、人材派遣などがあります。

 

つまり、免許というのは一言でまとめると、一定のスキルや知識があることを前提に、「普通はだめだけど、あなたなら活動をしていいですよ」という資格といえます。かつ、国が認めている資格のことを国家資格といい、免許イコール国家資格ということになります。

 

ドローンに免許はあるの?

ドローンに免許は存在するのでしょうか?厳密に言うと、ドローンに関連する免許は存在します。ドローン操縦には免許はまだ存在しませんが、ドローンの無線に関しては免許があります。ただ、DJI社のPhantomやMAVICを操縦する際には、無線の免許は必要ないといえるでしょう。というのも、使っている無線が2.4GHzだからです。

 

しかし、海外から並行輸入したドローンの場合、無線の規格によっては免許がかならず必要になります。俗に言う、アマチュア無線4級や特殊陸上無線3級ですね。別途、開局申請も必要です。ドローンの無線に関する詳しいお話はこちらです。

 

まとめると、世界的にも有名なメーカーのドローンを操縦するにあたって、操縦に関する免許は特に必要ないということになります。ただし、操縦方法や、飛ばすドローンの種類によってはそれぞれの免許が必要になるケースもありますので注意しましょう。

 
4d537a43c97c671fdc9f7400c61d6d0f - ドローンには免許がいらないって本当?
DPA発行の認定証

ドローンの免許と許可はどちらが大切なの?

ドローンの免許と許可どちらが大切なのでしょうか。まず、ドローン操縦に関する免許は存在しないので考えるべきは許可になります。一般的にドローンの許可とは「国土交通省の飛行許可」を指します。しかしそれ以外にも確認すべき許可・了承がありますので注意しましょう。

 

ドローン操縦の免許制度がないとはいえ、まったくの初心者がいつでもドローンを飛ばせるわけではありません。むしろ、国土交通省はもちろん自治体や警察も飛行許可・了承を必ず必要とします。というのも、世の中のドローントラブルの大半は、知識やスキルが足りないことが原因で起こっています。2017年のドローン違法飛行は68件です。前年に比べて2倍以上に違反件数が増えています。

 

もし国交省の許可や、関係者の許可了承をとらずにドローンを飛ばすと航空法などの法律違反になります。実刑で前科一犯がついたり、罰金刑となります。法律違反にならないよう、しっかりと勉強しておくことが大切です。ぜひドローン業界のプロによるカウンセリングを受けてみましょう。

 
IMG 4757 e1530084158212 - ドローンには免許がいらないって本当?
 

なお、国土交通省の飛行許可を取るには、いくつかのハードルがあります。ドローン業界全体に関する知識が必要なのはもちろんのこと、飛行実績と操縦スキルがなければ許可がもらえません。具体的に言うと、最低限の基準として、GPSをオフにした状態での飛行実績が10時間と、連続して8の字飛行を安定してできることが許可の大前提となります。

 

個人でゼロから練習をして許可を取るとなると、ハードルは非常に高いです。天気の良い日を選んで、飛行可能エリアへ移動する時間を考えると、なかなか難しいのではないでしょうか。バッテリーのことを考えると1フライトで15分程度しか飛ばせません。また、郊外の飛行エリアへの往復時間を考えると1回で3時間はかかります。これで10時間の飛行実績を満たすためには、最低40回以上は繰り返さなければなりません。

 
drone 3453361 1280 e1533799985891 - ドローンには免許がいらないって本当?

 

もし関西でドローンの飛行許可を取るなら、ぜひ関西最大級のドローンスクールを活用するのがおすすめです。スクールに通う場合はたったの4日間で10時間の飛行実績を積むことができます。スクールの実技講習の内容が気になるあなたは、ドローン業界のプロに直接相談をしてみましょう。ご連絡お待ちしております。

 

ちなみに、アメリカではドローンを飛ばす時に免許・ライセンスが必要です。趣味や遊びで飛ばすときは別ですが、ドローンの機体番号登録は必須です。今後は、アメリカの背中を追いかけて日本でもドローン免許制になる時代は近々くるかもしれませんね。

 

ここまでいかがでしたでしょうか。分かりにくい点などありませんでしたか?もし気になる点があれば、ドローン業界のプロによる無料カウセリングを実施していますので、いつでも聞きに来てくださいね。ご連絡お待ちしています。

もし少しでもわからない点があれば気軽に電話06-6110-5240してみてくださいね。無料カウンセリングの内容はもちろん、スクールの内容についてもご説明しますよ。お電話お待ちしております。

国土交通省指定校だからドローンの全てが学べます

logo white - ドローンには免許がいらないって本当?

まずは無料カウンセリングを受けてみませんか?

国土交通省が指定したドローンスクールジャパン大阪市北校では、あなたの悩みを解決するために無料カウンセリングを毎日開催しています。業界のプロがあなたの状況に合わせて丁寧に説明しています。

ドローン業界の正しい情報や最新情報までバッチリ知ることができます。

btn yoyaku01 - ドローンには免許がいらないって本当?

btn ShousaiPage02 - ドローンには免許がいらないって本当?