G20 OSAKA SUMMIT 2019開催に伴うドローン飛行規制について

いつもドローンスクール8のブログをご覧頂いてありがとうございます。

2019年5月29日(水)より、G20 OSAKA SUMMIT 2019開催に伴い、
小型無人機等飛行禁止法によるドローンの飛行規制が実施されていますね。

期間は2019年6月30日(日)までとなっており、
飛行許可・承認書を得ていても飛行禁止が適用されます。
この飛行禁止エリアは水上にも及ぶので注意が必要ですね。

これらのエリアの他にも、サミットに参加する外国要人の宿泊先とその周辺も飛行禁止エリアに指定されています。しかし、こちらの情報は公開されていませんので、飛行禁止エリアを探すことがほとんど不可能になってしまっています。

法律違反は、「知らなかった!」では済まされない大きな問題となっています。
警察官や海上保安官の飛行中止要請があれば、必ず飛行を自粛しましょう。

 

大阪府では個別の飛行禁止条例も、期間限定で制定されています。
画像:大阪府警察

 
ドローンの資格が気になるようでしたら、ぜひドローンスクール8のプロによる無料カウンセリングをチェックしてみてくださいね。現役のドローンパイロットが、あなたのお困りの点を丁寧にヒアリングしたうえで、ピッタリの情報をお届けしますよ♪

 

この記事を書いたのは
スタッフ Yです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

自分だけのスケジュールで学べるのはエイトだけ

忙しいあなたでも、エイトを選ぶことで、自分だけのスケジュールで学ぶことができます。遠くまで移動したり、合宿をする必要はありません。仕事を休まなくても学べる環境が整っています。また、関西トップレベルの講習をお約束します。
2019年G20開催期間中の大阪において、大阪市長の行為許可のもとプロジェクトを行うなど多くの事例を持つメンバーが在籍。

今のあなたにぴったりな情報をお届けします。ぜひドローンスクール8(エイト)の無料カウンセリングへお越しください。あなたとお会いできる日を楽しみにしております。

今すぐ無料講座を予約する

無料講座の詳細を見る