祝!ドローンスクールを卒業された綾様のお声をご紹介

Pocket

今回は、2019年2月にドローンスクールを卒業された綾様のお声を紹介したいと思います。

 
※2019年6月13日追記
2019年6月1日より所属協会を一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)へ変更し、ドローンスクール8(エイト)として稼働をする運びになりました。
詳しくはドローンスクール8についてを御覧ください。
 

綾様は、映像業界でお仕事をされています。お客様の要望で、ドローン空撮をお願いされることが増えてきたためドローンを導入されました。しかし、ドローン空撮について調べれば調べるほど、様々な法律や規制、そしてガイドラインが設定されていることを知られたんですね。自分ひとりだけでは、人口集中地区上空での飛行許可を取るのが難しく感じられたため、ドローンネストのスクールに通うことに決められたんですね。

なお、ドローン空撮といっても、様々なケースがあります。被写体に近づいて映像を撮影することもあれば、ある程度距離を離して映像を撮ることもあります。また、ドローンを飛ばす場所(離陸場所など)が、どんな地域なのか?ということもとても大切な情報になります。

国土交通省が発表している、安全飛行のためのガイドラインを見るだけではなかなか理解しづらいこともあったようで、インターネットで色々な情報を調べているうちに、当ドローンスクールの無料カウンセリングのページを見つけられたんですね。

 

(参照:大阪市内のドローンスクールについて

そこで私たちが定期的に開催しているドローン無料カウンセリングとはに足を運ばれたんですね。カウンセリングに参加したことで、こういった情報を手に入れることができたんですね。

  • ドローンの資格制度について
  • ドローンの飛行許可制度について
  • ドローンを使った仕事のお話
  • ドローンの規制・ルールについて
  • 仕事で飛行するときの注意点
  • (参照:ドローンの資格とは?
    (参照:ドローンの規制とは?

    そして、最終的にフライトコースとビジネスコースのセットを受講されることに。綾様は相当な努力家ですね。操縦が難しいと感じたときも、決して諦めずに何度も挑戦されていました。ちなみに、休憩時間もずっとトイドローンで操作練習をされていましたね。

    (参照:トイドローンとは

    フライトコースビジネスコースの詳細はこちらをご覧ください。)
    ※2019年6月1日より、所属協会を変更いたしました。詳しくは、JUIDAの認定資格についてを御覧ください。

    フライトコースとビジネスコースで導入している機体は、DJI社のF450という機体になります。GPS機能をカットして、ATTIというモードで操作するため、最初は難しく感じると思います。ただ、ドローンの操作に慣れてしまえば、正面や側面、対面など、ドローンがどこに向いていても操作をコントロールすることが次第に出来るようになります。

    それでは、綾さんのお声を見てみましょう!

     

    (1)コース受講前に不安だったことはなにですか?

    カリキュラムをクリアする事

     
    綾様からのコメント
     

    ドローン実技講習のカリキュラムをすべてクリアするのは、なかなか難しい部分もあったかと思います!ただ、基本的な操作、ドローンが飛ぶ仕組みを知ってあげることで、すこしずつ思うように操作が出来るようになりましたね!上達を実感していただけたようでとても嬉しかったです。

     

    (2)スクール通学で一番記憶に残っていることはなにですか?

    ・ファントムなどと違い、ホバリングが特に難しく、とても練習になりました
    ・また実際の運用例など教えていただきとても助かりました。
     
    綾様からのコメント
     

    そうですよね。DJI社のPhantom(ファントム)シリーズの場合、コントローラー(プロポ)のスティックを触らなくても、自動でホバリングをしてくれます。しかし、スクールの講習で使っているドローンは自動でホバリングをする機能がありません。だから、手動で操作をする必要があるんですね。操作は大変に感じるかもしれませんが、緊急時の対応スキルが身につきますよ♪ なお、ドローンネストには外部でドローン空撮を行う事業部もあります。現場でのドローン操縦に関する情報もお渡しできますよ^^

     

    (3)未来の受講生にメッセージをお願いできますか?

    とても親切に教えて頂けますので、安心して受講できます。
     
    綾様からのコメント
     

    素敵なメッセージを頂けて嬉しいです!綾様、本当にありがとうございます!

      

    卒業生の綾さま

     
    私たちも常に練習と情報収集を進めてまいります。次に綾様とお会いするときには、もっともっとドローンに関する情報を提供できればと思います。綾様、長いおつきあいでよろしくお願いいたします!

    この記事を書いたのは
    えべっさんです。
    最後までお読みいただきありがとうございました!

    Pocket

    自分だけのスケジュールで学べるのはエイトだけ

    忙しいあなたでも、エイトを選ぶことで、自分だけのスケジュールで学ぶことができます。遠くまで移動したり、合宿をする必要はありません。仕事を休まなくても学べる環境が整っています。また、関西トップレベルの講習をお約束します。
    2019年G20開催期間中の大阪において、大阪市長の行為許可のもとプロジェクトを行うなど多くの事例を持つメンバーが在籍。

    今のあなたにぴったりな情報をお届けします。ぜひドローンスクール8(エイト)の無料カウンセリングへお越しください。あなたとお会いできる日を楽しみにしております。

    今すぐ無料講座を予約する

    無料講座の詳細を見る