祝卒業!宮本様のメッセージをご紹介!

今回は2018年10月に卒業された宮本様のお声をご紹介します。なんと宮本様は、北海道の稚内からお越しいただいたんですね。というのも、関西方面に移動されるご予定があったことから、私たちのドローン教習所へ足を運んでいただきました。

 
ドローン教習卒業生

 
宮本様は、電力業界で大規模なプロジェクトを牽引してらっしゃるんですね。もともと業務でドローンを活用しておられて、操縦の技術はお持ちでした。しかし、「新聞にも掲載されるほどの大規模プロジェクトに携わっているからには、ドローンの資格ぐらいは持っておかないと・・・・」という会社の判断で、受講を決められたのでした。

(参照:ドローン資格とは?
(参照:DPAライセンスとは?

 

では、さっそくメッセージを見てまいりましょう。

(1)コース受講前に不安だったことはなにですか?

実技試験に合格できるかが不安でした。居残りを覚悟していました。

宮本さんはすばらしく謙虚な姿勢をお持ちでしたね。実際に業務でドローンを使っている中で、「居残りを覚悟して・・・」と準備されている方はそういないと思います。普段から安全管理に気をつけておられ、責任感が人一倍強い証拠なのかなと感じています。実際の実技は、非常にスムーズに進んでいました。事前のトイドローンの練習も行っていただけたようで、功を奏したと言えるのではないでしょうか。ご協力いただきありがとうございます!

(参照:ドローンの練習法とは?

 

スクール通学で一番記憶に残っていることはなにですか?

講師の方々が神技でした!私がどんなに暴走させても速やかにフォローしてくれました。(笑)

嬉しいお言葉をいただけて感激です。安全に教習を進めるにあたって、どんな状況下でもドローンをコントロールすることが講師のミッションなんですよね。せっかく4日間も講習を受けていただくのですから、何があっても講師が守ってくれるという安心感のもと受講をしていただきたいと考えています。そのため、日々社内トレーニングをしているんですね。生徒様のこういったお言葉をいただけるのが最大の励みと言えるのではないでしょうか。嬉しい限りです。

 

(3)未来の受講生にメッセージをお願いできますか?

受講前からトイドローンでの実技練習方法を紹介してくれたり、スクール受講中も質問に丁寧に答えてくださり、非常に内容の濃い講習をしていただけます!
特に講師の方々の経験談が今後のフライトの参考になります。
スクール卒業後の実機での練習メニューも提案していただきました、卒業してからの事もしっかり考えていただけます!

素敵なコメントを送っていただきありがとうございます!やはり、せっかくスクールに通うのですから、業界に詳しい講師から情報をもらったほうがお得です。もし、ドローンの実技講習にいっぱいいっぱいな場合は、卒業することがゴールになってしまいます。しかし、みっちりと集中して、自主練などもしておくことで、ある程度余裕を持って教習を進めることができます。その結果、講師から多くの情報を引き出すことができるんですね。

 

宮本様、、、素敵なメッセージを頂きまして本当にありがとうございます!

これから北海道に戻られるとのこと、どうかお気をつけて。ドローンのフライト中に少しでも不安な要素がある場合は、まずは安全確認を最優先でご判断いただけると嬉しく思います。これからのご活躍を心より応援しております!

 
インストラクターと生徒さまとで握手
 

この記事を書いたのは
えべっさんです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

国土交通省指定校だからドローンの全てが学べます

まずは無料カウンセリングを受けてみませんか?

国土交通省が指定したドローンスクールジャパン大阪市北校では、あなたの悩みを解決するために無料カウンセリングを毎日開催しています。業界のプロがあなたの状況に合わせて丁寧に説明しています。

ドローン業界の正しい情報や最新情報までバッチリ知ることができます。

今すぐ無料講座を予約する

無料講座の詳細を見る