祝卒業!ドローンスクールを卒業された奥田様の声をご紹介

Pocket

今回は、2018年の6月にドローンスクールを卒業された、奥田様のお声を紹介したいと思います!

奥田さんはとある大手通販業界でお仕事をされているエンジニアの方なんですね。趣味がドローンを飛ばしてみたいということで、まずは、基本的な知識と操縦スキルを身につけるために無料カウンセリングへお越しいただきました。そして、ドローン業界における資格やライセンス、そして包括許可のことをしっかりと学ばれました。そして、ドローン教習所へ通うことになったんですね。

(参照:ドローン資格とは?
(参照:DPAライセンスとは?

 
※2019年6月13日追記
2019年6月1日より所属協会を一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)へ変更し、ドローンスクール8(エイト)として稼働をする運びになりました。
詳しくはドローンスクール8についてを御覧ください。
 

まずはフライトコースだけを受講いただき、またタイミングが整ったときに後半のビジネスコースを受けられるプランで進めることになりました。

 
もともと手先が器用な方で、またとても操作の感覚も緻密だったので、想像以上のスピードでスキルを身につけられていましたよ。では、さっそく紹介してまいります!

 

(1)コース受講前に不安だったことはなにですか?

 時間内に上達するかどうか
 ドローンを壊してしまわないか・・・

奥田さんらしいコメントですね笑 もともととても慎重に確認されていたので、私たちとしても安心して実技講習を進めることができたと思っています^^ また教官と生徒様のコントローラー(プロポ)をコードでつないで講習を行いますので、万が一操作ミスをしても教官が助けてくれますよ。今まで100名以上の卒業生がいますが、衝突事故などはゼロ件です^^ 当然のことではありますが、当たり前のことを徹底的に突き詰めていきたいと思います!

 

(2)スクール通学で一番記憶に残っていることはなにですか?

3つ同時に入力する動きの難しさ
豊川さんのていねいな教え方

そうですね、3種類のスティック操作の練習が大変でしたね。通常のフライトコースでは2種類までの操作をお教えしています。ただ、奥田さんがメキメキと上達されていたので、こっそりと3種類の操作を教えたところ、難しくてびっくりされていましたね。スロットル、ラダー、エルロンなど、国交省の飛行許可に必要な操縦スキルには3種類の操作が必要なんですよね。あ、素敵なメッセージを頂けて本当に嬉しいですね。きっと教官の豊川も喜ぶと思います。

 

(3)未来の受講生にメッセージをお願いできますか?

やればやるほど上達するのでやりがいがあります。
頑張ってください!

力強いメッセージを頂きありがとうございます!そうですね、実機の操作を積み重ねることで必ず上達します。ただ、もちろん技術には個人差がありますので、卒業には自主練習が必要になるケースもありますのでどうかお許しください。うまく操作ができるようになると、狙った場所へ移動させて向きを変えて撮影するなど、自由自在に使えるようになります。せっかくドローン教習所に通うのですから、正確な知識と技術を身につけて卒業したいですよね。

(参照:ドローンの練習法とは?

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!
奥田さん!これからも困ったときはいつでも連絡してきてくださいね。応援しています!

この記事を書いたのは
えべっさんです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

Pocket

自分だけのスケジュールで学べるのはエイトだけ

忙しいあなたでも、エイトを選ぶことで、自分だけのスケジュールで学ぶことができます。遠くまで移動したり、合宿をする必要はありません。仕事を休まなくても学べる環境が整っています。また、関西トップレベルの講習をお約束します。
2019年G20開催期間中の大阪において、大阪市長の行為許可のもとプロジェクトを行うなど多くの事例を持つメンバーが在籍。

今のあなたにぴったりな情報をお届けします。ぜひドローンスクール8(エイト)の無料カウンセリングへお越しください。あなたとお会いできる日を楽しみにしております。

今すぐ無料講座を予約する

無料講座の詳細を見る