祝!ドローンスクールを卒業された高田様のお声をご紹介

Pocket

今回は、2019年2月に大阪のドローンスクールを卒業された高田様のお声をご紹介しますね。

 
※2019年6月13日追記
2019年6月1日より所属協会を一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)へ変更し、ドローンスクール8(エイト)として稼働をする運びになりました。
詳しくはドローンスクール8についてを御覧ください。
 

高田様は、個人的な趣味でドローン空撮に興味を持たれたんですね。しかし、趣味で楽しむ場合でも、様々な規制や法律、そしてガイドラインを守る必要があります。調べれば調べるほど、インターネット上には色々な情報が発信されています。そんな中、ドローンスクールに通えば資格がもらえて、全国の飛行許可(人口集中地区上空、また第三者との30メートル近接における包括許可)を取ることができると知りました。

しかし、ドローンスクールには様々な種類があります。半日間の講習だけで資格がもらえる場合もあれば、ドローンネストのスクールのように4日間の講習を受けて実技試験に合格して初めて資格がもらえるというスクールも。いろいろ調べてみたものの、実際に足を運んでスクールの様子を見てみないと決めることは難しいです。

(参照:大阪のドローンスクールについて

そんな流れで、私たちが定期的に開催しているドローン無料カウンセリングに足を運ばれたんですね。無料カウンセリングに参加したことで、これらの情報を知ることができたんです。

  • ドローンの資格ってどんな種類があるの
  • ドローンの飛行許可制度ってなになの?
  • 良い悪いではなく、それぞれのスクールには特徴があるの?
  • 大阪の屋内ドローン練習場で一気に卒業ができて許可も取れるスクールがある
  • ドローンを使った仕事のお話
  • ドローンの規制・ルールについて
  • 趣味でドローンを飛ばすときの注意点
  • (参照:ドローンの資格とは?
    (参照:ドローンの規制とは?

    そして、最終的にフライトコースとビジネスコースのセットを受講し、協会の技能認定資格を取ることに決めたんですね。

    フライトコースビジネスコースの詳細はこちらをご覧ください。)
    ※2019年6月1日より所属協会をJUIDAへ変更いたしました。詳しくは「JUIDA操縦技能認定コース」についてご覧ください。

     
    もちろん、通って講習を受けるだけで資格を取れるわけではなく、座学や実技の試験をクリアすることが条件になるんですね。ただ、人それぞれ上達するスピードは変わります。ドローンネストでは、じっくりと練習をして講習を受けていただけるように、高田様のスケジュールに合わせて講習を行ってまいりました。

    それではさっそく、高田様のお声を見ていきましょう!

    (1)コース受講前に不安だったことはなにですか?

    まず、今まで触ったこともないドローンの操縦というものが自分にできるのか、どれくらい時間がかかるのか、仕事の予定も合わせて受講が可能なのか、どれくらいの費用が必要なのかといったことでしょうか。


     

    そうですよね、ドローンを触ったことがないから不安な気持ちになりますよね。また、お仕事の都合もあるので、思う通りのスケジュールで受講できるかどうかというのも大切なポイントですよね。

     

    (2)スクール通学で一番記憶に残っていることはなにですか?

    懇切丁寧に直接に指導していただけ、メール等でも随時アドバイスがもらえました。最初の頃、なかなかついていくのが難しく感じましたが、徐々にその内容が分かると本当に適切な指導をいただけたとおもいます。冬場の受講は思ったより寒くてかなり着込んでも大変でした。手袋をつけてプロポを操作することも教えていただきました。また、駅までの途中の餃子のお店での昼食も楽しみでした。


     

    あの頃の高田様が懐かしいですね!最初は難しいかも!と感じられた講習内容も、徐々に練習を積み重ねていく中で、しっかりと知識と技術を身につけられたと思います。そうですね、今回の冬場はかなり冷え込みましたよね。指切り手袋やリストウォーマーなどで温めることで、講習に集中することができるのでオススメです^^ ドローンスクールの周りにはコンビニはもちろん、食事処がいくつもありますので、休憩時間も充実しますよ!

     

    (3)未来の受講生にメッセージをお願いできますか?

    ドローンの操縦は、教えていただいた知識だけでなく、指導された技術の習得が本当に大切で、そのための自主練習はかかせません。指導されたことを繰り返し、繰り返し練習することで着実なものとなることが分かりました。法律的な規則や安全面を配慮されて厳格な指導をいただけるので安心して受講することができました。


     

    私達が目指している講習は、まさに高田様の言う通りです。的確に表現してくださって本当に嬉しいです。ドローンを飛ばすにあたって、趣味だったとしてもたくさんのルールを守る必要があります。決してドローンの法律違反で前科がついたりしないように、事前にみっちりと勉強をしていきたいですね。

     

    卒業生の高田さま

     

    高田様、素敵なメッセージありがとうございます!

    そして、、、、スクール卒業まですこし時間はかかってしまいましたが、最後の最後まで練習や準備にご協力いただきまして本当にありがとうございました。これから趣味や仕事でドローンを使われるとのこと、とても楽しみですね。間違いなくドローン操作の技術と知識が身についているはずです。とはいえ、今までどおり練習を重ねて技術をキープし、楽しんでドローンを飛ばして参りましょう!これからも応援しております♪

    PS
    先日、日本全国のDID地区上空、また近接30m以内の飛行に関して、国土交通省(地方航空局)から年間の包括許可がとれたとメッセージをいただきました。高田様、本当におめでとうございます!

    この記事を書いたのは
    えべっさんです。
    最後までお読みいただきありがとうございました!

    Pocket

    自分だけのスケジュールで学べるのはエイトだけ

    忙しいあなたでも、エイトを選ぶことで、自分だけのスケジュールで学ぶことができます。遠くまで移動したり、合宿をする必要はありません。仕事を休まなくても学べる環境が整っています。また、関西トップレベルの講習をお約束します。
    2019年G20開催期間中の大阪において、大阪市長の行為許可のもとプロジェクトを行うなど多くの事例を持つメンバーが在籍。

    今のあなたにぴったりな情報をお届けします。ぜひドローンスクール8(エイト)の無料カウンセリングへお越しください。あなたとお会いできる日を楽しみにしております。

    今すぐ無料講座を予約する

    無料講座の詳細を見る