卒業生長谷川様のメッセージはこちら

今回は、2018年10月にドローン教習所を卒業された長谷川様のお声をご紹介したいと思います!

 
長谷川様は、株式会社構造総研という会社を経営しておられます。主に、あらゆる種類の構造物の調査を行っています。誰もが知っているような建物の保存建築という側面でも関わっておられているんですね。

 
そこで、建物の屋根など、登らないと見えない場所の現地調査等でぜひドローンを活用したいというアイデアが生まれたことから、私たちのドローン教習所に通うきっかけになったそうです。当初、無料カウンセリングに来られたとき、「とにかく安全なドローンを導入したい。大切な建物を傷つけてはいけないからなんです。また、安全かつ確実に操作ができる技術と知識を身につけて、資格と許可を取りたいのです」とお声をいただきまして。

(参照:ドローン資格とは?
(参照:DPAライセンスとは?

 
真剣かつ熱い要望を頂いておりましたので、私たちもしっかりと講習を提供させていただきました!

では早速見てまいりましょう。

(1)コース受講前に不安だったことは?

特になし

自信に満ち溢れたメッセージが長谷川さんらしいですね。素晴らしいと思います。もし不安に思っていたとしても、卒業に向けて「どのように取り組むか?」が大切です。「ドローンを使って何をするのか?」という目標と計画に集中して、教習所に通われるのが良いと思いますよ!

 

(2)スクール通学で一番記憶に残っていることは?

対面で四角移動にとまどった。

そうでしたね、対面(向き合った状態)での操作に最初戸惑っておられましたね。特に、身体から離れた状態で操作したときの遠近感も課題に感じられていたような気がします。卒業まで少し時間はかかっていましたが、しっかりと練習を積み重ねたおかげで、最後は一気に水平旋回と8の字操作もできていましたよね。

(参照:ドローンの練習法とは?

 

(3)未来の受講生にメッセージをお願いします!

日々の操縦訓練が重要と思う。

まさにそうだと思います。指先が器用で自信がある方でもつまづくことがあります。ですので、油断をせずにコツコツと練習を続けてまいりましょう。練習のやり方などは、インストラクターや教官からアドバイスしています。せっかく受ける4日間の講習ですから、しっかりと技術を身に着けたいですね。卒業してからも欠かさずに自主練を積み重ねてまいりましょう!

 
長谷川さん、ご協力いただきまして本当にありがとうございました!

ps
ちなみに、ドローン業界で新しい企業を設立されたそうですね、おめでとうございます!
これからもよろしくお願いしますね!

この記事を書いたのは
えべっさんです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

国土交通省指定校だからドローンの全てが学べます

まずは無料カウンセリングを受けてみませんか?

国土交通省が指定したドローンスクールジャパン大阪市北校では、あなたの悩みを解決するために無料カウンセリングを毎日開催しています。業界のプロがあなたの状況に合わせて丁寧に説明しています。

ドローン業界の正しい情報や最新情報までバッチリ知ることができます。

今すぐ無料講座を予約する

無料講座の詳細を見る