ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

ドローンを飛ばすのに資格は必要なのでしょうか。ドローンの資格について、正確な情報をお届けしますね。

 

なお、この記事は、国土交通省が登録講習団体として認定しているドローンスクール「ドローンスクールジャパン大阪市北校」が執筆しています。国交省指定校ならではの、正しい情報を紹介しますのでぜひ見てみてくださいね。

 

ドローンの資格を取りに行く前に…

ドローン資格を取りに行く前に、ドローン業界のプロから正しい情報を教えてもらいませんか?
しっかりと仕事に役立つ資格から、趣味で楽しむための資格など、世の中にはたくさんの資格が溢れています。正確な情報を集めて、賢い判断をしませんか?

ドローンの資格は存在するの?


ドローンの資格は存在するのでしょうか?はい、ドローンの資格は存在します。

 

2018年3月27日更新:飛行申請について追記しました!
2018年5月30日更新:資格の説明を追記修正しました!

 

そもそも、資格は大きく分けて「国家資格」と「民間資格」の2つに分けられます。現在の日本では、ドローンの国家資格制度や免許制度はまだ確立されていません。そのため、現在の日本で存在するドローンの資格は「民間資格」だけということになります。

 

このドローンの「民間資格」のことを、世間では「ライセンス」と呼ばれることが多いです。「ライセンス」は本来、国家資格制度における免許証などを指すもの。ですので、日本のドローン業界において、厳密にはライセンスも存在しないといえます。

 

4d537a43c97c671fdc9f7400c61d6d0f 320x110 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?
DPA発行の回転翼3級はこちら

 

ドローンの資格って必要なの?


ドローンの資格は必要なのでしょうか?正確に答えるためにはいくつかのステップを踏む必要があると思います。なお「ドローンの資格は必要なの?」というお声を頂くたびに、当スクールが公式に回答している内容は1つだけです。

 

それは「ドローンの資格にはいくつかあるので、しっかりと調べて選びましょう」です。

 

というのも、世の中には複数のドローン資格が混在しています。もちろん、当スクール卒業生が取得できるドローン操縦士協会DPAの「回転翼3級」は、国土交通省登録資格に認定されています。だから、民間企業や各関係者への協議資料として通用するんですね。国の許可が必要なくても、民間地域の許可・了承が必要なケースに、こういったドローンの資格が大活躍します。

 

3493f8318686252e1d948dfdd62fd39f 320x240 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

 

もし、仕事でドローンを使う場合はどうでしょうか。関西の中でも大阪のような都心部は、多くの地域が人口集中地区に指定されています。そのため、国土交通省がドローンの飛行を規制しています。ですから、必ず国交省のドローン飛行許可が必要です。後述の通り、飛行許可を取るにあたってドローンの資格は大活躍します。仕事でドローンを使う場合は、必ず国土交通省に登録しているドローンスクールに通われることをオススメします。

 

もちろん、国の飛行許可を取ることは大前提として、飛行エリアの所有者・管理者の許可や了承が必要なのは言うまでもありませんね。

 

一方、趣味でドローンを飛ばす場合は資格は必要なのでしょうか。この場合も、「どんな資格を選ぶか、どこで飛ばすのか」というのが大切なポイントになります。というのも、周りに誰もいない飛行可能エリアで障害物がない大自然の土地を自分で持っている場合は、許可や了承などは必要ないといえます。

 

しかし、ほとんどの場合は誰かが管理している土地でドローンを飛ばすことになると思います。もし飛行可能エリアだとしても、自治体や民間の方の了承が必要になります。そのため、許可・了承をいただくための説明資料として許可証や資格が活躍するのです。もちろん、国交省登録の資格のほうが説得力があることはいうまでもありませんね。

 

許可や了承をもらったとしても、障害物があったりする場所でドローンを飛ばすときは注意が必要です。飛行実績とスキルがなければトラブルに対応できないからです。ですから、どこでドローンを飛ばすにしても、国土交通省が指定しているドローンスクールへ通って実技講習と座学と受けられることをオススメします。

 

aerial view 1866742 1280 e1520833068366 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

 

ドローンの資格の役割って?


ドローンの資格には様々な役割があります。というのも、資格とは「あなたの知識やスキルを認めますよ」と第三者が認めてくれたものです。そのため、誰かに説明をしたりお願いをするときに、資格があれば安心してもらえるんですね。

 

たとえば国土交通省へドローンの飛行許可申請をする際に大活躍します。もちろん、当スクール所定の実技講習卒業後に取得できるDPA回転翼3級の場合、全国のドローン飛行許可の要件を満たすことができます。そのため、ドローンの資格さえあれば、飛行許可のプロセスが簡略化されるのです。

 

また、飛行可能エリアとはいえ私有地の上空を飛ばす場合にも活躍してくれます。というのも、私有地の所有者(地主様か管理者様、自治体など)にお願いをする際に、回転翼3級などのドローンの資格があれば話が通じやすくなります。というのも、見ず知らずの人からドローンを飛ばしたいと言われたとき、その人に技術や実績があるかどうかをすぐに確認できるからですね。これに加えて全国の飛行許可証を提示すればきっとスムーズに進むことでしょう。

 

ドローンの資格無しでも飛ばしていいの?

ドローンの資格が無くても飛ばせる地域は実際に存在します。また、もともとラジコンヘリを何十年も操作していて、十分な実績とスキルがあり許可証も持っているケースもあるでしょう。

 

しかし、初心者がドローンを初めて飛ばすときには、注意が必要です。関西ではドローンの練習するのに十分なスペースが限られているからです。というより、ドローンを飛ばせる場所はほぼ無いといえるでしょう。

 

screencapture maps gsi go jp 1516333595260 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?
出典:地理院地図

 

このフライトマップを見たことはありますか?この赤くなっている地域は、国交省が定めた人口密集地域でドローンの飛行規制エリアです。そのため、国の許可なしではドローンを飛ばすことはできません。もちろん、国交省の許可をとったとしても、飛ばす地域の管理者の許可・了承がなければドローンは飛ばせません。

 

では、飛行許可を申請するには何から始めればいいのでしょうか。許可が必要ないドローンは存在するのでしょうか。許可は自分で申請することが出来るのでしょうか。気になる点を説明しますね。

 

ドローンの資格があれば飛行許可はいらない?

ドローンの資格を持っていれば、国交省の飛行許可は必要ないのでしょうか。いいえ、国交省の飛行許可は必要です。また、飛ばす地域の管理者の了承・許可が必ず必要です。事前に飛行エリアや法律をしっかりと調べておきましょう。調べ方がわからない場合は、”ドローン業界のプロに相談”してみてくださいね!お電話での相談もできます。いつでもご連絡お待ちしております。

 

ドローンの資格は許可申請書に必要なの?


ドローンの資格は飛行許可申請書に必ず必要なのでしょうか?必ずではありませんが、ドローンの資格を添付するだけで飛行実績などのプロセスが簡略化されるんですね。添付する場合は、回転翼3級など、国土交通省の登録資格を使うようにしましょう。

 

なお、飛行許可の申請用紙には定められた専用の用紙があります。用紙に記入したあとは、航空局へ郵送するんですね。かかる費用は印刷代と送料ぐらいなので、1000円程度と思って大丈夫です。ほとんど無料ですね。

 

ちなみに、国土交通省への飛行許可申請は、かなり詳しく書かないといけないので慎重にしましょう。法律はもちろん、規制全体の座学講習を受けていなければ申請書を作成するのは困難です。その場合、行政書士さんにお願いをすることになりますが、決して無料ではありません。条件によっては6万円程度の予算は考えておいたほうがよいでしょう。

 

IMG 2478 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

 

ちなみに、2018年4月2日より、ドローンの飛行許可手続きがオンラインでできるようになりました。さらに便利に許可申請が出来るように、国交省がサービスを展開してくれました。オンライン申請にはいくつかのメリットがあります。

 

     
  • 24時間いつでも受付可能!
  •  

  • 質問を答えていく方式なので比較的わかりやすい
  •  

  • 紙書類がいらず、オンラインで完結!

 

オンライン申請がスタートしたおかげで、許可申請がかなり楽になりましたね。ぜひ使ってみてくださいね。

 

もしかして、申請をしたいけれども何から手を付ければいいのかわからくて困っていますか?それなら、ぜひドローンのプロによる無料カウンセリングを受けてみてくださいね。ドローン業界に関する情報を仕入れて、まずは何から始めればいいのかがわかるようになりますよ。

 

ドローンの資格さえあれば許可はもらえるの?

ドローンの資格さえあれば、必ず飛行許可をもらえるのでしょうか。それは、ドローンの資格によります。というのも、国土交通省から飛行許可をもらうためには、たくさんの必要な要件があります。知識やスキルなど多くが求められるんですね。その中でも特に注目されやすいのが、飛行実績と操縦スキルの2つなんです。つまり、この条件を満たしていないドローンの資格を持っていても、許可はもらえないことになります。

 

なお、ドローンの飛行実績とは、「GPSをオフにした小型無人航空機を10時間以上飛ばしていること」を指します。また、操縦スキルの1つに「安定した8の字飛行を連続5回できること」が挙げられます。もちろんその他には、「座学講習を受けて規制を理解していること」や、「ドローンの整備メンテナンスなど安全管理ができること」も必要な条件とされています。

 

ドローンの資格なしで、独学で許可を取るには?

ドローンの資格を取らずに、独学でドローンの練習をして許可を取ることはできるのでしょうか。その場合、関西などのエリアではほぼ不可能といえるでしょう。まず飛行実績の10時間を満たすのが大変です。1つのバッテリーでドローンを飛ばせる時間は約15分前後です。シリーズによっては10分程度の場合もあるでしょう。そのため、40回から60回のフライトをしなければ10時間に達することはありません。

 

また、単にドローンを飛ばしている時間は実績にはなりません。あくまでも操作練習をした時間が実績となります。なので、単純に自動ホバリングをしている時間は実績になりません。ですので、60回のフライトでは済まないケースが大半です。

 

独学で練習する場合、練習場所まで移動するのが大変です。飛行可能エリアまで車で移動しても往復で2時間~3時間とかかるケースはよくあります。そして予備バッテリーを揃えるとなると1つ2万円するシリーズもあります。結局とてつもない時間がかかるので、国交省登録のドローンスクールに通うほうが早道といえるでしょう。

 

2b4a8a8527a1f3a1003b8cc15d872337 e1516580831573 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

 

次にドローンの操縦スキルについて。実はドローンの8の字飛行は、すべての操縦スキルをまとめたようなものです。最低でも3種類のスティック入力が必要です。そのため基礎がしっかりと身についていないと、うまく飛ばすことはできないんですね。(意外と高度な技術が必要なんです!)しかも、練習するにもかなりの広さが必要です。最低でも横幅20メートル、奥行き10メートルのスペースが必要になります。

 

ドローンの資格と許可は屋内でも必要なの?


ドローンの資格と許可は、屋内であれば必要はありません。そのため、国土交通省への申請も必要はないです。というのも、屋内は航空法の対象外になるからなんですね。ただ、実際にドローンを飛ばすスペースの環境の安全管理には注意が必要です。扉が空いていたり、防護ネットがなかったりすると危険ですね。人やものにぶつかると大変な事故につながる危険性があります。

 

例えばフットサル場などだと、ネットの隙間などに気をつけたいですね。また、ネットの内側でドローンを操作する場合は、操作を間違ったりすると事故の原因になります。ヘルメットやゴーグルを身に着けていても、ドローンのプロペラがぶつかると大怪我をしてしまいます。念には念を入れて、ドローンの練習する場所を確保しておきたいですね。

 

関西最大級のドローンスクールジャパン大阪市北校の概観
2017.12.01 004 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

 

屋内練習場には防護ネットをしっかりと完備しています。
DJI 0075 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

 

ドローンの資格・許可はトイドローンにも必要なの?

ドローンの資格や許可は、トイドローンにも必要なのでしょうか。いいえそんなことはありませんよ!ここまで話ししていたのは200g以上のドローン、つまり小型無人航空機ですね。200g未満の機体であれば、模型航空機の扱いになります。模型航空機の場合、航空法の対象にはならないので、国土交通省の飛行許可は必要ありません。

 

しかし、模型航空機にも関わってくる法律があります。また、法律以外にも条例などを守らなければいけません。そのため、航空法以外のルールもしっかりと調べましょう。

 

こちらが200g未満のトイドローンです。
IMG 0688 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

 

ただし、並行輸入で購入したトイドローンなど、日本での販売を意図していないトイドローンの場合は、無線規格が異なる場合があります。その場合、アマチュア無線といった国家資格が必要になります。ドローンの電波と無線について詳しく説明していますので、まて見てみてくださいね。

 

まとめると、トイドローンやミニドローンは国の許可は無くても飛ばせます。しかし、守るべきルールはたくさんあります。安全管理をしてモラルを守りながら楽しみましょう。

 

ドローンの資格制度ってどうなってるの?

ドローンの資格制度はどうなってるのでしょうか。ドローン操縦に関して、今のところまだ国家資格制度が確立していないんですね。そのため、ドローン操縦に関しては免許はまだ存在しないことになります。

 

その一方で、ドローンの民間資格は何種類もあります。ドローンを操縦したことがなくても取れるドローン検定や、産業用ドローンの実技講習を受ければもらえる資格もあります。どうせ取るなら、国交省の登録資格を持ったほうがお得です。そのなかでも特に著名なものを紹介したいと思います。

 

c455faea474878625e9e73441043a4b0 1024x678 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

こちらは一般社団法人ドローン操縦士協会 DPA(読み:ディーパ)の技能認定資格「回転翼3級」です。日本最大手の団体であるDPAは、国土交通省に登録されています。そのため、このDPAの回転翼3級は、国交省が実績として認めてくれています。

 

ちなみに、当スクールはDPA認定校ですよ!対象の実技講習を修了すればDPAへ入会して回転翼3級をとることができます。この資格があれば、全国の飛行許可を取るときに役立ちます。また、飛行可能エリアでも、飛行説明資料として大活躍します。かなりレベルの高い技術が身につきますので、趣味をより深く楽しむことができるのはもちろん、空撮や点検のお仕事に役立つこと間違いなしです♪

 

180809 DJI CAMP 2 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?
これは、ドローン業界で有名なDJIの日本法人、つまりDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しく安全に操作できるパイロットを認定する企業向けプログラムです。このコースでは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかどうかを確かめるものです。

 

なお、DJIの資格は【DJIスペシャリスト】【DJIインストラクター】【DJIマスター】と3つのレベルに分かれています。最初に受けるには、まず飛行実績が最低10時間が必要となります。そして、個人ではなく企業向けになります。気になる方は「DJI CAMP」と調べてみてくださいね。

 

05d9e9a55468b9c620b49621bd9a6732 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?
これはドローン検定ですね。公式サイトによると、「無人航空機を取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その資質向上と周囲の方への理解を広めること」が目的とのことです。ドローン検定の受験をキッカケに、関わる全ての方が正しい知識を身につけることをゴールとしているんですね。

 

このドローン検定は、筆記試験のみです。つまり、実技は無しとなっています。種類は、1級~4級まであります。ドローンの基礎知識を学ぶキッカケにはとてもいいかも知れませんね。状況に合わせてうまく活用したいものですね。

 

ドローンの資格があれば許可が通りやすい理由

ドローンの資格を持っていると、どうして国交省の飛行許可がもらえやすいのでしょうか。ここでは、DPAの「ドローン操縦士 回転翼3級」を取得した場合とそうでない場合とを比べて説明したいと思います。

 

e141b9b59765136ad61f5851a3b5c812 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?
オンラインでドローンの飛行許可を申請する場合、このような質問に答えていく手順なんですね。飛行実績の申告に関しては、何時間飛行したのか記入するところまであるんですね。ドローンの資格を持っていない場合は、飛行実績を自分で調べて記入する必要があります。

 

一方で、ドローンの国土交通省登録資格を持っていれば、このように資格番号などを入力することができます。そうすると、質問事項に答えたり、面倒な飛行記録の提出などが無くても申請をすることができます。(但し、夜間飛行や物件投下などの許可申請は別物ですのでご注意ください)

 

be20f0db21b3a44d77fa1bbf4d3f15f3 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

 

なお、郵送で飛行許可申請をするときも、ドローンの資格があれば飛行申請が簡略化されるんです。面倒な飛行許可申請の書類作成がシンプルになるんですね。ですので、せっかくドローンの資格を取るなら、実際に役に立つ国交省登録資格を選びたいですね。

 

さて、今回のドローン飛行許可オンライン申請の内容はいかがでしたでしょうか?

 

ドローンの資格が気になるようでしたら、ぜひ当ドローンスクールのプロによる無料カウンセリングをチェックしてみてくださいね。現役のドローンパイロットが、あなたのお困りの点を丁寧にヒアリングしたうえで、ピッタリの情報をお届けしますよ♪

 

なお、当スクールのアクセスは大阪駅からわずか2駅と好立地。そして関西最大級の”屋内”ドローンスクールのため、天候を気にせずに、ドローンの資格取得に集中していただけます。

 

もし少しでもわからない点があれば気軽に電話06-6110-5240してみてくださいね。無料カウンセリングの内容はもちろん、スクールの内容についてもご説明しますよ。お電話お待ちしております。

ドローンで失敗する前にまずは無料カウンセリング

logo white - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

国土交通省が認定したドローンスクールによる無料カウンセリングを受けてみませんか?

ドローンスクールジャパン大阪市北校では、ドローンを持っていない初心者でも悩みを解決するための無料カウンセリングを毎日行っています。プロがあなたの状況に合わせて丁寧にご説明します。

そドローン業界の最新情報がバッチリつかめるのはもちろん、最短で国土交通省の許可と登録資格を手に入れて仕事に活かせます。

btn yoyaku01 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?

btn ShousaiPage02 - ドローンを飛ばすのに資格はいるの?