ミニドローンの種類

今回は、人口集中地区の飛行規制の対象外とされている、重量200g以下のドローン。いわゆる「ミニドローン・トイドローン」と呼ばれる小型の機体についてのお話です。

 
一般的にドローンというと、プロペラが4つのDJI社のPhantomシリーズが、最もメジャーな形として知られています。けれども、このシリーズを購入しようとすると、現行のスタンダードモデルで約15万円ほど。一般ユーザ向けのMavicシリーズも10万円からの値段になっています。。。

 
空を自由に飛び回れ、写真や動画が撮れて——。となると、10万円以上の出費もしかたがない・・・なんてことはありません!ただ操縦の練習がしたい、ちょっと飛ばしてみたいだけなのであれば、何も高額な機体を購入する必要はありません。1万円前後の出費で、機体からのGPS制御がないので、ちょっとした練習や、指ならしにも使えるんです。

 
それが「マイクロドローン」「ミニドローン」または「トイドローン」と言われる、重さ200g以下の小型ドローンなんですね。家電量販店や模型店などで販売されていて、空撮用の中・大型ドローンに比べてメーカーの数が豊富で、様々なタイプ、価格帯の機体が販売されています。

 
ちなみに、模型航空機であれば航空法の対象にはならないんですね。なので、ドローンの資格をとって飛行許可申請をする・・・そういった手間は省けます。そしてある程度自由に飛ばすことができます。ただ、他にも守るべき法律や条例などのルールがありますので気をつけてくださいね。

(参照:ドローン資格とは?
(参照:ドローンの規制とは?

では、さっそくいくつか紹介してみたいと思います!

 

G FORCE PXY Smart GB410PXY

世界最小のドローン(全長x全幅x全高=42 x 42 x 21mm)ながら、720pのカメラを搭載しているので、スマートフォンをWi-Fiで接続してFPV飛行、写真や動画の撮影も可能です。操縦そのものもスマートフォンから行うものの、アプリケーション上でMode1やMode2などの切り替えが可能です。重さ17gと超軽量なので、屋外での飛行はやめておいたほうがいいです….息吹きかけるだけでも飛んでいってしまうぐらい軽いので…

 
充電時間は約30分、1つのバッテリーでフライト時間約5分です。

画像メーカーより
参考価格:8,000円

 

Holy Stone HS190W

中国のドローンメーカーが発売しているモデルになります。日本国内でもamazon、楽天市場等のネットショッピング経由で購入することができます。専用コントローラーによるMode1-2操作に加え、スマートフォンアプリからの操縦も可能です。しかも、機体の向きに関わらず常に見かけの方向が正面として操縦できるヘッドレスモードへの切り替えもできるんです。このヘッドレスモードを使用すると、初めてドローンを飛ばした時に陥る「対面した時の操作ミス」が防げるんですね。ある程度、ドローンの操作に慣れている人にとっては、逆に危ないかもしれません。

 
専用コントローラーが付属されているので、それによる操作が可能なこと。また、後に紹介するFQ777 124よりも安定感が高い為、通常ドローン購入前の練習機として良いと思います。通常の操作に加えて、コントローラー上でコマンド入力を行うと、360°フリック、バレルロールが可能です。また、後に紹介するFQ777 124よりも安定感が高いです。

 
そして、プロペラのついているアームは折りたたみ式で、飛行時の展開サイズは、95 x 95 x 30 mm、機体重量21gです。アームを折りたたむことにより、50 x 50 x 30 mmまで小さくなり、専用コントローラーのホルダー部に収まります。めちゃくちゃ小さいですね。ちなみにこの機体は今回紹介したカメラ付きのHS190Wとカメラ無しのHS190と、合計で2モデルあります。購入する場合は型番に注意してくださいね!

ミニドローンでも安定飛行するHS190

手のひらくらいに小さいミニドローンHS190
参考価格:5,960円

 

Holy Stone HS160

また、Holy Stone製品ですが、先のHS190Wよりも大型の機体。ポケットセルフィドローンとして販売されています。けれども、機体で自撮りをするにはそれなりの操縦技術が必要なんです。まずは基本的な機体の操作に加えて、対面しての機体操作ができて初めて自撮りができるからですね。逆に言うと、このドローンで自撮りができれば基本的な操縦はバッチリということになります。

 
アームはプロペラを付けたまま折りたたみができ、購入時のパッケージの中に、コントローラー、バッテリー、機体が入り持ち運びも容易です。機体サイズは170 x 160 x 34 mm、重さ83.5gです。アームを折りたたむと、スマートフォンぐらいの大きさになります。専用コントローラーはMode1-2に対応しており、通常のドローンのコントローラーと同一の操作感で扱うことができるため、室内でのちょっとした練習機としても最適です。

 
そして、特筆すべき点は、搭載されている720pカメラは、範囲は狭く手動ですがチルトとパンが可能で、上昇ホバーリングして見下ろしの映像が撮影可能です。ちなみに、この機体のコストパフォーマンスの良さから弊社スタッフ全員が購入しました笑よくオフィス、練習場内を飛び回っています。筆者は限界への挑戦として、屋外での飛行を試み0.5m/s程度の風速であれば何とか空撮ができることがわかりました。

ミニドローンHOLYSTONEHS160の見た目

HS160とIPhoneのサイズ比較
参考価格:7,920円

 

GoolRC FQ777 124

こちらは最軽量ドローン。66 x 66 x 28mmでサイズこそPXY Smartより若干大きいですが、カメラがついていないため、機体重量わずか14g。エアコンの弱風ですらこのドローンにとっては強風かもしれません。

 
このドローンのポイントは、価格が非常に安い点ですね。機体の姿勢を感知するジャイロがついていますが、一方でカメラがついていません。つまり、カメラ本体と画像をスマートフォンに伝送する発信機器が無いんですね。だから超軽量になっていて、とても俊敏に飛ばすことができます。

 
コントローラーのコマンド入力により360°フリックやバレルロールが可能で、自動制御に加えてタイミングよく手動で操作介入すると連続2回転など、アクロバティックな飛行もできますよ!

本体部分が100円玉ほど小さいマイクロドローン
機体の胴体部分は100円玉ぐらいの大きさですね

小さくて練習に抜群なマイクロドローン
参考価格:2,200円

ちなみに私はこの値段と、性能を見て即購入しました笑 会社の中でもブンブン飛ばして遊んでいます。たかだか2,000円のオモチャと侮っていたら、操作難度はピカイチなんですね。まともに飛ばせるようになるまで1時間ほどの指慣らしをしましたが、飛ばせるようになると、とんでもなく面白い。。。落としても気にならない、そして機体が意外と丈夫なんですね。繊細な操縦操作が必要なので、玄人向けの屋内練習機としてもぴったりです。

4色展開です

 

京商 Drone Racer G-ZERO

これは、ラジコンメーカーとして有名な京商が販売するレース用ドローン。いままで紹介した4つのドローンとは方向性が違うドローンなんですね。操縦プロポもラジコンカーの仕様(ホイールコントローラー)になっているので、 操縦に慣れが必要だと思います。逆にこのタイプの操作に慣れている人には扱いやすいのかもしれないですね。

 
ラジコンカーのドライブシャフトの部分にアームを付けて、モーターとプロペラを載せたような見た目なんです。ドローンレースへの参戦を考えている人は、チョイスの1つに加えてみては如何でしょう?302 x 300 x 65 mmとサイズは大きめの機体ですが、重量は130gと軽く、機動性重視の設計なのがよくわかります。空飛ぶR/Cレーシングカーといえるでしょう。

画像:メーカーより
参考価格:28,000円

 

RYZE Tello

2018年3月に発売予定のトイドローン

この機体は、DJIとIntelの技術提供を受けたShenzhen RYZE Tech Co.,Ltd.が開発たんですね。フライトコントロール技術はDJI製を使用し、GPSポジショニングシステムは搭載されていませんが、ビジョンポジショニングサポートシステムが搭載され、ホバーリングの安定性は、これまでに挙げた5機種と比べ物になりません。また、ローバッテリーアラートやフェールセーフ機能を有し、バッテリー残量が無くなると、自動で着陸します。但しReturn to Home機能はありません。バッテリー切れで不時着した時は、自分で機体を回収に行く必要があります。
故に、水上でのバッテリー切れは致命的ですね・・・

 
98 x 92.5 x 41mmの機体サイズ。機体重量80g(航空法規制対象外)有効500万画素のカメラを搭載し、2592 x 1936pxelの静止画、720p/30fpsの動画の撮影が可能です。ジンバル機能はありませんが、デジタルスタビライズにより、安定した画像撮影を行うとのことです。FPV飛行やフリップ等のアクロバット飛行、プログラミング飛行等が可能です。

 
基本はスマートフォンのアプリケーションからの操作ですが、別売りのプロポによる操作も可能です。機体の製造がShenzhen RYZEが行なっていますが、中身はDJIのフライトシステムとIntel 14-Core Processerを搭載、安定感のある操縦性が期待できます。

Telloの説明

Telloには安全機能がついてます
参考価格:12,800円
厳密にはDJI製品ではありませんが、DJI Storeから購入可能です。

 

Parrot MAMBO

ParrotのMamboとFPVゴーグル

自動操縦機能を備えることで、ミニドローン業界の中でも最も安定した飛行が可能とされるのがParrot社のMAMBOです。高性能の飛行制御機能と簡易的なビジョンポジショニングシステム(VPS)を備えているParrot Mamboは、屋内はもちろん、屋外でも簡単に操縦することができます。

 
いろいろなセンサーが搭載されているため、自動ホバリングが可能です。だから、ふらつかずに安定した飛行を楽しむことができるんですね。ちなみに、「カットアウトシステム」という機能もついています。この機能は、衝撃を受けた際に、モーターが自動的に止まるシステムなんです。なので、どこかにドローンがぶつかった時に勝手にプロペラが止まり、ダメージを抑えることができるんですね。

 
なお、FPVパッケージに付属されているのHDカメラを搭載すれば、動画撮影もばっちりです。Micro SDスロットも搭載されているので、画質も結構キレイなんですよね。カメラをつけ忘れても本体に内蔵されているVPS用カメラで、機体真下の写真を撮影することも可能です。(けれど、HDカメラに比べると画質はなんともいいづらいです…)また、専用アプリ(Free Flight mini)をダウンロードすると、スマートフォンが送信機になるんです♪

 
もちろん、アプリ内でいろんな設定も変更できます。操縦モードを変えたり、最大スピードを抑えることもできるんですね。ぜひアプリをダウンロードして試してみてくださいね。スマホのアプリを使えば、誰でも簡単に操作できるんです♬初めてドローンを触る初心者の方にもおすすめです。またアプリをつないでゴーグルにセットするとFPVを体験できます!

(参照:FPVドローンとは?

 
ちなみに、MAMBOにはオプションがいくつかあるんですね。エアガンのように、球を発泡する”Cannon”、マジックハンドのように物をつかむ”grabber”というものがあります。遊び要素も満載で、結構楽しめますよ〜。
MamboのCANNONとGrabberの図

fpvができるMambo
参考価格:20,960円(FPVセットの場合)
FPVを気軽に始められるMAMBO。モード変更もでき、自分にあったコントロールで操縦できます!

 
今回7機のみの紹介でしたが、オンラインショップを見ていると色々なミニドローンが販売されていますね。ここで挙げたものは国内の電波法の規制をクリアした機体となります。ただ、なかには電波法による規制対象の周波数帯を使用したものもあります。海外から並行輸入したミニドローンの場合や、外国からのお土産で購入したドローンは注意が必要です。

(参照:ドローンの電波法とは?

ちなみに、私たちのドローン教習所では、ドローン無料カウンセリングを毎日開催しています。事前にご予約いただければ、何種類かのミニドローンをお見せできますので、ぜひお問い合わせしてくださいね!実際に、トイドローンを飛ばしてみる体験コーナーもありますよ♪

落ちても壁にぶつけても、結構頑張ってくれるミニドローン。最初はなかなか上手く飛ばせないですが、、、そこは練習あるのみ!ミニドローンは機体重量が軽いので、天敵は「風」です。エアコンの風でも機体がフラフラと動いてしまいます。なので、風の中でドローンをホバリングさせる時の練習になったりします。できれば広い屋内で飛行させるようにしてください。

 
また、機体を浮かせるためにプロペラが高速回転しています。いくら機体が小さいと言っても、回転するプロペラに触れると怪我をする恐れがあるので、周囲の状況には充分に注意してくださいね!

いかがでしたでしょうか。

自分だけのスケジュールで学べるのはエイトだけ

忙しいあなたでも、エイトを選ぶことで、自分だけのスケジュールで学ぶことができます。遠くまで移動したり、合宿をする必要はありません。仕事を休まなくても学べる環境が整っています。また、関西トップレベルの講習をお約束します。
2019年G20開催期間中の大阪において、大阪市長の行為許可のもとプロジェクトを行うなど多くの事例を持つメンバーが在籍。

今のあなたにぴったりな情報をお届けします。ぜひドローンスクール8(エイト)の無料カウンセリングへお越しください。あなたとお会いできる日を楽しみにしております。

今すぐ無料講座を予約する

無料講座の詳細を見る