2017-12-21

屋内練習場について

2017.12.01 007 - 屋内練習場について

大阪市内で天気を気にせずドローンの練習をしたいあなたへ

梅田・大阪駅からわずか2駅の好立地。

250坪という日本最大級の屋内練習場で、天候を気にせず思う存分飛ばしていただけます。

練習場には、10m×10mのコートが4つあり、お好きな場所で飛行練習していただけます。

高さは5mから10mを確保しており安全防護ネットも完備しているので、初心者の方も安心して練習に集中できる環境です。

お一人でのコッソリ練習や、友達同士での合同練習にも。

徒歩5分圏内にコンビニ・スーパーもあり、休憩時間も充実。
敷地内には100円自動販売機や、喫煙スペースもありますので自分のペースでじっくりと練習いただける環境です。

併設オフィスには国交省登録管理団体DPAが認定したプロのインストラクターも常駐しています。
ドローン業界の最新情報もゲットでき、ひょっとすると空撮案件のお仕事につながるかも。

お申込みお待ちしております!
予約の前に気になる点がありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
電話:06-6110-5240 メール:info@drone-nest.com

 

大阪でドローンの練習するときはどうすればいいの?

こんにちは。ドローンスクールジャパン大阪市北校です。

みなさんがドローンを買って、いざ大阪でドローン飛ばすとなると必ずぶち当たる壁がありますよね。

いくつか例を挙げると、、、
「え?大阪って規制エリアばっかりじゃない?」
「Holy Stoneみたいな200グラム未満のトイドローンなら法律に引っかからないから、どこでも飛ばせるんでしょ?」
「大阪市内でも公園だったら許可とかいらないんですよね?」
「免許とか資格っているの?いらないの?」
「大阪のほとんどが人口集中地区(DID地区)だから練習できない。。。」などなど。
いるの?
参考:ドローンによる規制
参考:ドローンを飛ばすのに資格はいるの?
参考独学できる?ドローンの練習
 
わたしたちが大阪市内でドローンを飛ばすとき、国土交通省への飛行申請が必要なエリアが大半なのが事実です。
ドローンの練習をしたいだけなのに本当に大変ですよね。
しかし、ドローンにまつわる法律をしっかりと守らないと面倒なことになります。

DJI社のPhantomやInspire、Mavicはもちろん、京商エッグやHoly Stoneのような
200g未満のミニドローンを飛ばすときも守らないといけないルールがあります。

というのも、大阪市内のような人口集中地域で国交省への申請と地方航空局長の許可なしにドローンを飛ばすと航空法違反になるからです。
書類送検されて刑事罰処分になり、50万以下の罰金刑かつ前科一犯になるなんて絶対に避けたいですよね。

ミニドローンに関しては、航空法の対象外になりますけど、公園ならどこでも飛ばしていいわけでも無いんです。

というのも、基本的に大阪市の公園は条例によって飛行禁止とされています。(一部の例外もあるかもしれないので、気になる方は公園の管轄部署に確認されるのがよいと思います。
 

ここで、よくある誤解があるんですよね。

「じゃあ国土交通省に飛行申請さえ出せばすぐに飛ばせるんでしょ?」
正直なところ、正解でもあり間違いでもあります。
というのも、飛行申請が承認されるかどうかは2つのポイントが重要になるからです。

ひとことでまとめると【飛行時間】×【操縦スキル】なんですよね。
詳細は割愛しますが、ドローンのGPSモードをOFFにした状態が大前提で、「10時間以上の飛行実績があること」「八の字飛行を連続して正確に操縦できること」「機体の整備とメンテナンスをしていること」「飛行マニュアルを準備していること」などが挙げられます。

正直なところ、これからドローンを練習する人にとってこの実績とスキルを身につけるのは大変です。
安全性を考えるとバッテリー1つで10分程度しか飛ばせないですし、大阪の郊外や一部のエリアまで移動する時間も大変です。
バッテリー1つの場合だと、もし毎日練習しても10時間に到達するまで60日かかりますからね。

大阪でも飛行申請なしに唯一飛ばせるエリアは実際にありますけど、メリットとデメリットがありますよね。

メリットは、開放感のある大空の下で練習できることですね。一部の地域では、ゴルフ場やフットサルコートを借りている練習場もあります。普段とは違う環境なので、とてもよい練習になると思います。

デメリットは、まず遠いこと。移動が大変ですよね。淀川の北部だと、大阪駅から徒歩含めて1時間前後かかります。

車がないと行きづらいことも。次に天気。雨や風など、天気によっては練習ができない。

風に流されて、クラッシュしたり淀川に沈んだりするようなアクシデントも実際にあるでしょうし、、、

最後に、休憩場所やお手洗いに困ります。夏や冬だと、ずっと外にいるので相当疲れますし、特に女性の方は大変ですよね。

いかがでしょうか。大阪でドローンの練習をする場所が限られていることがおわかりになったと思います。

大切な機体が故障すると、DJI公式サポートでは点検だけで2万円ほど。代理店経由だと3万円程度のケースもあり。いずれも修理なしです。せっかくDJIさんのドローン保険などに入っていても、交換まで最短4営業日など。その間は練習できないし、往復の送料も自己負担。

200g以下のトイドローンなら航空法の範囲外で安心ですけど、公園などは大阪市の条例で飛行禁止。
条例違反すると、前科はつきませんが5万円以下の過料。簡易裁判所に行くハメに。

ただでさえ岐阜県大垣市のお菓子まきドローンの事故など、悲しいニュースが多発しているので、これからも法規制がどんどん厳しくなっていく傾向にあります。安心して練習できるところが限られています。
 

DSJ大阪市北校が提供する練習場の特長|ドローンスクールジャパン大阪市北校

あらためてご挨拶いたしますと、われわれドローンネスト株式会社はドローンスクールを運営している会社です。
スクール名は、ドローンスクールジャパン大阪市北校です。国土交通省登録団体の一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)の認定校です。

大阪駅から2駅の福島区に250坪のドローン専用の練習場を準備しております。
ドローンスクールジャパン大阪市北校のレンタルコートならドローンの練習にピッタリの環境が整っています。

練習できる時間は、朝の9時30分から夜の20時まで。事前に予約すれば土日祝日も対応可能です。
完全屋内施設なので、雨の日も安心。風に流されることもありません。大阪駅から2駅なので、電車と徒歩をあわせても16分ほど。

ドローン練習場までのアクセス方法はこちらになります。

料金は1コートでお一人様1時間1000円だけです。好きなコートを1つお選び頂けます。もし広いスペースで練習をしたい場合は、コートの数によって料金が変わりますのでご了承をお願いします。なお、現時点ではどの曜日でも時間帯でも料金は同じとなっておりますので、ご安心下さい。

250坪という日本最大級の屋内練習場で、天候を気にせず思う存分飛ばしていただけます。

練習場には、10m×10mのコートが4つあり、お好きな場所で飛行練習していただけます。

高さは5mから9m程度を確保しており安全防護ネットも完備しているので練習にバッチリ。

初心者の方も安心ですね。お一人でのコッソリ練習や、友達同士での合同練習にもぜひ。

注意点として、プログラムフライトや自律飛行モードの使用は控えていただいてます。

その理由としては、練習場が屋内のため、衝突防止センサーなどの機能が一部不安定になる可能性があるため。もしこれらの目的で飛行テストをされる際は、屋外の練習場をレンタルされるのがオススメです!

徒歩5分圏内にコンビニ・スーパーもあり、買い出しも便利です。
敷地内には100円自動販売機や、喫煙スペースもありますので自分のペースでじっくりと練習いただける環境です。休憩時間も充実。

併設オフィスには国交省登録管理団体のDPAが認定したプロのインストラクターも常駐しています。
ドローン業界の最新情報もゲットでき、ひょっとしたら空撮案件のお仕事につながるかもしれませんよ。

ご予約お待ちしております!

ドローンで損する前に・・・

logo white - 屋内練習場について

国土交通省認定スクールによる<無料>ドローン活用講座を受けてみませんか?
ドローンスクールジャパン大阪市北校では、ドローンを全く触ったことのない初心者でも簡単に業界のことをつかめる無料講座を毎日開催しています。

そしてドローンの歴史や業界の情報もバッチリつかめるのはもちろん、最短で飛行許可を取得して仕事に活かす方法など内容は盛り沢山です。